ソリューション部 2010年 新卒入社

学生時代からコンサルティングのような仕事をメインに就職活動をしていました。入社後はシステム全体の理解ということでプログラマー、2年目からはキャリアチェンジという形でコンサルタントという立場で、お客さまと業務要件を詰めたりシステム設計をしたりする立場になって今に至ります。

会社のバックアップが自分の成長の助けになった

順調に進んでいる仕事のときは入社前に思い描いたイメージ通りですが、そうではないときのギャップももちろんあります。特にプログラマーからコンサルタントにスキルチェンジした当初は、プロジェクト内での役割や立ち回り方も分からず、何も成果を残せていないことにも後ろめたさを感じていました。
そのときは自分が若手ということもあり、出来ることからやっていくという形で道順を示してくれる会社のバックアップだけでなく、一緒に検証してくださるなどお客さまに恵まれたこともあり、乗り越えることが出来ました。

自分たちの作ったデータがお客さまの会社の指針に

経営層の方々が意思決定に使うような管理会計と呼ばれる部分を担当しているため、打ち合わせでは経理部長や企画部長、常務といった方たちと決めていくことが多く、ハードルは高いのですが、その分やりがいを感じています。会社ごとに独自の強みがありますから、それを取り入れながらうまくシステム化していくという点も、仕事してとても面白い部分だと思います。
もちろん、自分たちが、その会社の指標となるような大事なデータを作っているという自負がありますから、うまく構築できてプロジェクトが成功したときの充実感はひとしおです。

業務を経験していく中でコミュニケーション能力が磨かれる

コンサルタントという立場上、会ったタイミングですぐに難しい話に入らなければならない場合や、その場で説明し納得を得てご承認頂くというケースもあります。また、プロジェクトごとに行き先が異なりますから、その場その場で自分のキャラクターを作ってフィットさせていく必要もあったりします。
そうなるとコミュニケーション能力を…という話題になりがちですが、実は自分自身、小さい頃は10人程度しかいない小学校だったり、外に出ることも少ないなどそれほど社交的ではなく、いつどこで話すことが苦手ではなくなったのか分からないのです。仕事に入ってからはまったく苦にならなくなっていて、次の現場に行くのは楽しみです。